2009年07月16日

宅地建物取引主任者

今回は社会のニーズにあった資格をご紹介したいと思います


みなさん「宅建」というは言葉はご存知ですか。正式名称は「宅地建物取引主任者」といいます。



不動産の取引は契約などの書類面が複雑です。
公正な取引を行うために 昭和33年に建設省が作ったのが「宅地建物取引員」(当時)です。
それが今は「宅地建物取引主任者」と呼ばれています。


宅地建物の取引を行う業者は1つの事務所に対して5人中1人は宅建所有者を設置しなくてはならないと義務付けられています


この宅建の圧倒的人気の理由は不動産業界では必須にも関わらず、だれにでも受験できるます
例えば飲食業しかやってこなかった人や、再就職をしたい主婦のかた、学生でも受けられるのが魅力です。


不動産の取引を公正に行うのが目的の資格ですが、法律を扱うため、宅建は幅広く評価が高くなっています。


難易度的にも超難関な試験ではないので、3ヶ月〜半年程度で取得可能です。

ちなみに宅建は合格率は、ここ10年間をみても15%程度なので、きちんと勉強すれば難しくありません


とは、いっても本屋さんで本だけを買って勉強するだけでは、限界があります

最近仕事をやめた方、再就職を考えている主婦、そして今のうちにスキルをあげておきたい学生の方

効率よく一発合格を狙うための勉強方法をおすすめします

↓クリックすると説明文にジャンプします

宅建合格にこだわる!常識破りの宅建勉強法




この時代だからこそ、ちゃんと資格を取って自分の力をアピールしよう!

副業の決定版! 在宅ワークで副収入ならテトラシステム
posted by imiya926 at 09:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
↓これとか凄いよ!!<#CR><URL>
http://www.piurl.com/1mtp?iteftcg
Posted by ROW at 2009年07月16日 10:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。